展覧会情報

特別展 茶の湯 – 時代を象徴する名品に日本の粋を感じる

東京国立博物館では2017年4月11日から6月4日まで「特別展 茶の湯」を開催する。

12世紀、中国で学んだ禅僧によってもたらされた点茶という新しい喫茶法は、日本の禅宗寺院や武家の間で浸透し次第に高貴な人々の間に広がっていった。茶の文化が中国からもたらされてきたこともあり、その道具類も中国からの輸入品が使われ、それらは「唐物」と総称された。人々は唐物をこぞって集め室内を飾ることで、自らの権威を示すようになっていった。

国宝 油滴天目【中国・建窯 南宋時代・12 ~ 13 世紀】大阪市立東洋陶磁美術館蔵

16世紀に入り、唐物に加えて自分の好みにあった日常の道具をとり合わせる「侘茶」が千利休によって大成され、茶の文化は高貴な人々だけでなく町衆にもより広く深く浸透していった。利休は唐物に比肩する道具を見出しただけでなく、新しく道具を創り出し、それらを取りあわせることで茶の湯の世界に新しい風を吹き込んだのである。

今回の展覧会では、おもに室町時代から近代まで、「茶の湯」の美術の変遷を大規模に展観する。各時代を象徴する名品を通じ、それらに寄り添った人々の心の軌跡や次代に伝えるべき日本の美の粋を感じることができるだろう。


国宝 紅白芙蓉図(紅芙蓉)【李迪筆 中国 南宋時代・慶元3 年(1197) 】 東京国立博物館蔵


国宝 紅白芙蓉図(白芙蓉)【李迪筆 中国 南宋時代・慶元3 年(1197) 】 東京国立博物館蔵

トップ画  国宝 志野茶碗 銘 卯花墻【美濃 安土桃山時代・16 ~ 17 世紀】 東京・三井記念美術館蔵

開催期間 2017年4月11日(火)〜6月4日(日)

休館日 月曜日
※ただし5月1日(月)は開館。

時間 午前9時30分〜午後5時
※金曜・土曜は午後8時まで。日曜および5月3日(水・祝)・4日(木・祝)は午後6時まで。
※入館は閉館の30分前まで。

会場 東京国立博物館 平成館(上野公園)

住所 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

公式HP http://chanoyu2017.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です